ホーム

シングルマザーの仕事

やっぱり思った通りだった。

縁起が悪いから断るべきだったのかもしれない。

参加者は初婚の若い男性、女性ばかりで私のようなバツイチ30代女性なんて誰もいなかった。友人を誘っても誰も来なかった理由がようやく理解出来ました。

おそらくは、みんな事情を知っていたのでしょう。誰もハッキリとは言いませんでしたが。

どうにも盛り上がりにかけたイベントだったと思います。あまりの白け具合に途中で抜け出すことにしました。やはり断るべきだったのだと思います。

「バツイチです」と男性にいうと「ババア、帰れ、消えろ!」まで言う人もいました。一応、私も参加費は払っています。そんなことを、見ず知らずの男に言われる筋合いはないはずです。



実にお粗末な結末である。おまけにタクシーでは領収書をもらい損ねたのです。どうにも面白くない。タクシーの帰りを待っているが、外は寒い。やはり私のようなシングルマザーがくるには、場違いなイベントであった。やはり事前の警告には従うべきである。金と時間のムダになる。

唯一の収穫はキャビアエキス配合の化粧品のサンプルをもらえたことであろうか。

こうした化粧品は今のような肌荒れが厳しい季節には、とても良い。乾燥肌には、実にありがたいものである。年齢とともにスキンケアにも手間ひまがかかるものです。


子供を祖父母に預けて婚活イベントに参加したのですが、大失敗でした。早く子供のところへ帰ってあげなければなりません。明日の朝食の準備もあります。

休みが明ければ、また仕事です。
私のようなシングルマザーのつける職業なんか、たかがしれています。またお給料も非常に安いものです。

経済的なことを考えると、離婚はするべきではなかったのかもしれませんが、やはりDVなど、子供の養育にも悪影響のある環境に身を置くわけにもいきません。


それでヘルニアで苦しむバツイチママの再婚について調べてみたら再婚相手を見つけて(要は職場で出会いがあるということです)なおかつ給料も高い職業について説明してあるページを見つけました。

それが、これ⇒母子家庭の仕事

界面活性剤

面白い動画を見つけました。キッチンで主婦が一般的に使うであろう洗剤と、これまた主婦が好きそうなメイク落とし・クレンジングでは、どちらが洗浄力が強いかを競うものです。

まるでテレビの企画のようですね。もっとも地上波のテレビ局では、スポンサーの意向があるので絶対に、こんな番組は流せないでしょうが。

それにしても最後の結末は衝撃ですね。台所用の洗剤では落ちなかった油性ペンの汚れが、化粧落としでは、瞬く間に消えてしまうのです。

これでは顔の皮膚にかかる負荷も、相当なものでしょう。

やはり、顔に使うクレンジングは石油系界面活性剤不使用の無添加のものを使うべきですね。


というか、こうした強烈な洗剤で顔を洗わなければならない化粧品というのは何なんですかね。

化粧品も、それを落とすメイク落としも強烈な石油製品ということでしょうか。

あの講師

あの講師の考え方というか目的、ミッションがわかった。

一言で言うならば、頑張っているけれど売り上げ、収益が上がらない個人、法人を相手にコンサルティングを行い、集客の手伝い、増収を図るというものである。


だから、カネは払うから全部、丸投げでやってくれというような所とは、いくら多額の料金を提示されても契約、受諾はしない。

逆に支払える金額が少なくても共にやっていけると判断したクライアントとは契約する。


今までは、はっきりと分からなかったが、なかなか一本、筋の通った考えの社長らしい。

ただ気難しいだけの人ではない。

Return to page top